2017/2/20

金沢で絶対行きたい! レトロで素朴な茶房&和カフェ5選

格子戸のある町家や石畳が風情たっぷりの金沢・ひがし茶屋街。昔ながらの町並みを残すこのエリアには、町家の雰囲気を生かしたモダンな茶房やカフェが点在します。タイムスリップしたような空間で、温かい飲み物と甘いスイーツを味わえば、旅の疲れも吹き飛ぶこと間違いナシ。ひがし茶屋街で見つけたステキな茶房&和カフェを一挙ご紹介します!

「加賀棒茶 丸八製茶場 茶房 一笑」で加賀・金沢の名物茶、棒茶を初体験 (右下)棒茶(菓子付き)1,080円。
四季折々に目を楽しませてくれる上生菓子と棒茶のセット。ポットでたっぷりと味わえます。作家ものを中心とした器と棒茶の色のコントラストにも注目です
「棒茶」とは、焙茶の一種で茶の茎から芯の部分を製茶し、香ばしく仕上げたもの。加賀・金沢地方では広く一般家庭で日常的に飲まれ、親しまれているお茶です。ここ「加賀棒茶 丸八製茶場 茶房 一笑」は、昭和の皇室に献上されたことでも知られる銘茶を生み出す「加賀棒茶 丸八製茶場」が手掛けるお店で、棒茶を中心とした質のよい日本茶が味わえます。茶屋町屋の風情を色濃く残した店内には、地元作家の作品が並ぶギャラリーを併設。格子戸越しに、ひがし茶屋街の町並みを眺めながら、金沢情緒を存分に味わってみてはいかが?
詳しく見る


お座敷で味わう甘いスイーツ♪「甘味カフェ 茶ゆ」でひとやすみ (上)茶ゆアイスパフェ900円。
米沢茶店の抹茶を使った抹茶アイス、同じく経田屋米穀店のきなこアイス、あと1種類は12種の味から好きなものを選び、3種類のアイスが味わえるパフェ。見た目も華やかです
金沢散策で歩き疲れたら、軽く甘いものを。江戸時代から続く銭湯・東湯の休憩場としてオープンした「甘味カフェ 茶ゆ」は、2010年に東湯が閉店してからも、おしゃれな和カフェとして地元客や観光客から人気です。店のオリジナルアイスは、石川県内産の厳選された生乳と地元食材を組み合わせたもの。1階ではもなかや、どら焼きにアイスをサンドした「東山アイスもなか」「黒どら焼きアイス」など手軽なメニューを提供します。ゆっくり座ってくつろぎたい時は、落ち着いた和空間で甘味が楽しめる2階席がおすすめです。
詳しく見る


ほっとひと息。「茶房 素心」で過ごす、安らぎの時間 (左下)素心ブレンドコーヒーとブラマンジェ セット900円。
コーヒーはオーダーを受けてから豆を挽きドリップ。深入りと浅煎りの2種類を用意し、どちらも酸味が少ない飲みやすいテイスト。抹茶味が利いたブラマンジェとも好相性
かつてのお茶屋の雰囲気をそのままに、抹茶と上生菓子のセットから抹茶のブラマンジェ、抹茶パフェ、かき氷など、気軽に味わえるオリジナルの和スイーツまで、古きよき金沢をモダンに楽しめるお店です。コーヒーは、「東山にコーヒーの専門店を」というコンセプトから、オーダーが入ってから丁寧にハンドドリップするこだわり。格子窓の先に見える、石畳の路地や城下町の面影を、挽きたての香り高いコーヒーと一緒に楽しめます。風情ある町家のほっとひと息つける空間に、旅の疲れもゆるゆると癒やされていくようです。
詳しく見る


アンティークが並ぶ「うつわの器店」で高感度なカフェタイムを (上)德田八十吉ブレンド 上生菓子セット 850円。
九谷焼の名工である德田八十吉作のコーヒーカップでいただくハンドドリップコーヒー。金沢の四季を物語る森八の繊細な上生菓子が五感を刺激し、上質な時間を楽しませてくれます
色鮮やかなべんがら格子の扉を開けると、店いっぱいに九谷焼の豆皿、徳利、猪口、茶碗など数々の器がズラリと並びます。そこには、九谷焼の名門、德田八十吉の歴代作品や新作のほか、明治から昭和にかけてのアンティークも。金沢の老舗和菓子店「森八」が営む器と喫茶のお店「うつわの器店」では、テーブルウェアに囲まれた非日常的な空間を体験できます。コーヒーは德田八十吉ブレンドほか、和菓子に合うオリジナルブレンドを用意。町の喧騒を離れ、ゆったりとした時間を過ごしましょう。
詳しく見る


自分へのご褒美。「ひがしやま 久連波」の加賀友禅と抹茶スイーツ (上)抹茶と抹茶だんごセット900円。
緑が鮮やかな抹茶と抹茶だんごは、老舗茶屋の上質な抹茶を使用。だんごは温かい状態で提供され、もちっとやわらか。添えられた塩昆布がおいしいアクセントを生みます
ひがし茶屋街の中ほどに位置する、加賀友禅と喫茶が楽しめる店。上質でデザイン性の高い加賀友禅を扱う専門店「ゑり虎」が営む店舗で、1階では和小物や雑貨を販売。2階のお座敷へ上がると、ひがし茶屋街のメイン通りが一望でき、窓からは四季折々に変化する町の景色が楽しめます。日常から離れた和の空間で、こだわりの抹茶と茶菓子でのんびりと。店では、1時間5,000円から着物のレンタルと着付もできるので、お茶を味わったあとは、加賀友禅の着物をまとい、金沢の散策を楽しむのもおすすめです。
詳しく見る

いかがでしたか? 新名所も続々と誕生する金沢ですが、ノスタルジックな雰囲気を味わいながらほっこりくつろげるお店があるのも魅力です。今度のおでかけでは、金沢の奥深さを感じる茶房やカフェにも注目してみてください!

お知らせ一覧へ戻る

スマートフォンでもマイフェバ

App Store
Google play
アプリについて